婦人

目の下のくまを治すなら|美容整形に行こう

どの方法を選ぶのか

女性

傷跡が目立たない方法とは

刺青を除去する際、大きさや場所によって方法は変わってきます。腕や太ももにワンポイント程度の刺青ならばレーザーで対応できますが、広範囲なものになると皮膚の切除や植皮が必要です。刺青をきれいに消すことはとても難しく、不可能に近いことです。体にかかる負担を減らしたり、傷跡が目立たないようにするためには、クリニック選びがとても重要になってきます。比較的扱いの簡単なレーザーを使った刺青の除去ならば、それほど医師の腕の差は出ませんが皮膚を切除する方法の場合には、腕の差がそのまま傷跡に現れます。術後の傷は一生残るものです。ですので、刺青の除去を考えている場合には評判がよく実績のあるクリニックを選ぶように注意しましょう。

人気のある方法とは

近年人気のあるのがレーザーを使った除去方法。これは刺青の色部分にレーザーを照射して皮膚の中にある染料を薄くしていくというものです。皮膚を切ることもなく跡も残りにくいこの方法は狭い範囲に有効で、特に黒い色の刺青に効果的です。この方法が人気ということは、小さな刺青を入れる人が増えてきているということでしょう。その他に人気なのが、削皮法というものです。これは文字通り刺青の入った皮を削り取るという方法で、広範囲に有効です。傷跡も目立ちにくいということでこの方法を希望する人も増えてきています。しかし、この方法は技術的に難しく、下手なところで頼むと傷跡が逆に目立ったり後遺症が出ることもあります。信頼できる腕を持った医師に頼むことが重要です。