婦人

目の下のくまを治すなら|美容整形に行こう

体の強い臭いの原因

腕を上げる女性

汗が分解されて臭う

わきがとは腋臭症ともいい、脇の下の皮膚から強い臭いを発する症状です。汗が原因で起こり、運動でかく汗の臭いとは別の臭いがするものです。人によって臭いの種類も様々で、酢や納豆の臭い、ネギの臭い、鉛筆の臭いなどがあると言われます。わきがの原因は脇の下のアポクリン腺というところから分泌される汗です。この汗が皮膚に触れると脂肪と混ざって、皮膚の上にいる菌によって分解され、強い臭いを放つという仕組みです。臭いを抑える対処方法には、脇毛の処理、制汗剤などがあります。わきがは病院で治療することが可能です。横浜にも多くのわきが治療を行っている皮膚科があります。横浜の皮膚科では、ボトックス注射をして汗の分泌自体を抑える方法もされています。

手術で汗腺を除去する

わきがは手術を行って治療することもあり、アポクリン腺の皮膚を切って切除する方法が横浜の医院でも最も多く行われている治療法です。ほかには器具で吸い出して除去する方法、外から電磁波を当てて熱を発生させることで汗腺を破壊する方法もあります。いずれの方法も、アポクリン腺を除去または破壊することで治療します。わきがの割合は日本人では10人に1人程度と言われています。毎日入浴したりして清潔好きで、臭い対策をしっかりしている国民性から、わきがへの偏見も強くなりがちです。あまり悩まない様にするのが一番ですが、臭いによって生活や仕事に支障が出たり、強い悩みを抱えているなら、横浜にも多い皮膚科を受診して治療していくことが出来ます。