婦人

目の下のくまを治すなら|美容整形に行こう

より確実な治療法を

照射

いくつかの種類が

思春期に多く見られるにきびとは違い、いわゆる大人にきびは放置しているとにきび跡が出来てしまい見た目も悪くなってしまうことが多い厄介な存在です。一度出来てしまったにきび跡はなかなか綺麗にすることが出来ませんが、最近ではレーザー治療によって綺麗にすることが可能となっています。にきび跡にはクレータータイプ、しこりタイプ、ミミズ腫れタイプなどが存在しており自分で綺麗にするのは困難です。こういった自分では綺麗にするのが難しいにきび跡でも、レーザーを使うことで皮膚を細かく削って目立たなくさせたり細胞の入れ替えを促進させたりして綺麗にすることが出来ます。これらの治療法は少なからず肌にダメージを与えることになるので、施術後は化膿を防いだり紫外線対策をするなどのケアが必要です。

タイプ別に合わせた治療を

にきび跡の治療にレーザーを使った施術をするという人は増加傾向にあります。その理由としてはレーザー治療の技術が進歩したことが大きいと考えられています。現在では同じにきび跡のレーザー治療といっても、何種類かの方法が用意されています。それぞれの方法によって特徴がありますので、その人の状態に合わせて適切な治療法を選ぶことが可能となっています。その際には必ず専門医と相談して、自分にはどの治療法が一番合っているのかを見極める必要があります。現在ではまだまだスキンケアをしたりピーリングを行ったりといった治療を行う人も多いのですが、今後はより多くの人がにきび跡のレーザー治療を行うようになると考えられています。